TanuTの所得複数化計画

資産運用で所得の複数化を目指すブログです

【トラリピ】運用開始します

f:id:TanuT:20191109124447j:plain

来週より「トラリピ」の運用を開始します。(今週準備中)

 

同じトラップ系の「グリッドトレード(千刻)」を海外FX「XM」で運用してきましたが、この度、マネースクエアの「トラリピ」に運用を移動させます。

 

移動させた理由は、「グリッドトレード(千刻)」を半年運用してきて、

①トラップ系は着実に利益を上げられることが分かったこと。

②将来的に運用拡大させた場合「XM」では設定が複雑になること。

です。

 

ラップ系トレードには、他にアイネット証券の「ループイフダン」などがありますが、「トラリピ」の方が設定が柔軟に対応できるかな?

資金余裕ができれば、今後「ループイフダン」にも挑戦したいです。

 

 

ラップ系自動売買の比較

「XM」でのEA(千刻)を使った自動売買、トラリピ、ループイフダンの比較です。

 f:id:TanuT:20191014162324p:plain

 

 「XM」一番のネックは、「最大ポジション数の制限」です。

1口座あたり最大200ポジションだと、広いレンジにトラップを仕掛ける&複数通貨ペアの運用はほぼ困難なので、広いレンジのトラップ系には向いていないです。(最初から分かっていたことですが・・・)

「ポジション数が多くなってきたらまとめる機能」も「千刻」にはあるのですが、一旦(マイナス)決済して同数ポジションを新規に規約するので、資金が少ないうちはシンドイかな?

 

スワップのマイナスが大きい」も理由ですが、これはあまり「トラリピ」と変わらないように感じます。「スワップ」を重視するなら、「ループイフダン」ですね。

 

あとは、好みかもしれませんが、「利益幅」と「トラップ本数(トラップ幅)」を自由に決められるし、今回は、今後の長期運用のため、トラップ系・リピート系トレードの元祖である「トラリピ」を運用することにしました。

 

ですが、「XM」の「レバレッジ888倍」、「ゼロカットシステム」もやっぱり魅力です。どこかでまた運用を再開したいです。

 

XMが気になる方or相場が読める方はこちらから

 

「トラリピ」の運用と設定

トラリピを紹介している有名ブログを参考に、運用と設定を決めていきます。

特に有名な鈴さんのブログは、とっても参考になります。

「トラリピ」をするなら必ず熟読した方が良いです!

 

「トラリピ」(に限らずトラップ、リピート系自動売買)で大切なのは、

①広い範囲のレンジで運用

②複数通貨で運用

 

ですが、私は100万円からのスタートなので、最初は1通貨「AUD/JPY」から運用を開始します。順調に資金が増えてきたら、通貨ペアを増やしていく予定。

 

また、資金効率を上げるために、AUD/JPYの設定は、レンジ範囲でトラップ本数を変える運用とします。

5円幅でレンジを区切り、それぞれで「トラップ本数(トラップ幅)」を変更します。

各レンジのトラップ幅を最大として、各レンジに到達した際、そこから想定する最下限まで下落してもロスカットしないように、計算し直しながら各レンジのトラップ幅を設定します。

 

詳しくは、 【トラリピ】AUD/JPYの運用と設定 をご覧ください。